こけし日記

日本語教師1年目

バンクーバーで薬を買う(Vancouver A to Z [m:medicin ])

海外に住むと、今までとは違う環境、食生活、
慣れない生活習慣によるストレスなどで、体調不良を起こしがちです。
そこで今回はバンクーバーで買った薬について紹介します。

わたしは事前にグーグル検索+日系サイトでどの薬を買うか当たりをつけて、
現地の薬局にいる人におすすめを聞いて買いました。
以下は自分で使ったものです。


○胃もたれ
tums

f:id:kokeshiwabuki:20161209210412j:plain


最初、食生活に慣れず胃もたれを起こしました。
珍しい料理をいろいろ食べたくて食べ過ぎたり、
フレンチフライ、お肉といったボリュームの多い料理、
マフィンや缶入りスープに含まれているバターや油が原因でした。
お菓子のような外見ですが、れっきとした薬だそうで、
カルシウム成分が入っているそうです。
かんで食べ、味は薄いラムネみたいでした。


胃もたれは予防の方が大事なので、
腹八分目を心がける、

脂っこいものを食べない、
など食生活を見直すとほとんどなくなりました。



○風邪 
advil

f:id:kokeshiwabuki:20161209210327j:plain


バンクーバーで2回も風邪を引いて寝込みました。
どちらも急にのどが痛くなったかと思うと、急激に熱が上がり、
それが2、3日続きました。
日本で引く風邪よりも、
のどの痛みや熱の上がり方が急でびっくりしてしまいました。

advilは即効性があり、1日で熱が下がり次の日には動けるようになりました。
効き目が強すぎるので、あまり使いたくないのもあって、
できるだけ風邪を引かないようにしています。

○花粉アレルギー
allegra & benadryl

f:id:kokeshiwabuki:20161209210210j:plain


花粉症がないと思っていたバンクーバーですが、
春と秋にスギやヒノキ以外の花粉や芝生が原因で、
目のかゆみ、鼻のむずむず、鼻水、くしゃみといった症状に悩まされました。

どちらも使うとすぐに鼻水がおさまって、早く効くのに驚きました。
薬によって眠くなるタイプもあるので、
運転や集中力のいる仕事をする人は購入時に注意が必要です。


○歯痛、口内炎
orajel

f:id:kokeshiwabuki:20161209210509j:plain


たまに、熱いものを食べたり、免疫力が落ちていたなどが原因で、
口内炎が悪化して
口の中がものすごく腫れて痛くなりました。

orajelは塗り薬で、患部に直接塗ります。
炎症を抑えるというよりは、塗るタイプの麻酔薬という感じで、
痛みをましにするものでした。
逆に気になって患部を触ってしまうので、わたしには逆効果でした。


○ニキビ
 clean&clear

f:id:kokeshiwabuki:20161209210649j:plain


食べ過ぎ、油分の多い食事、ホルモンバランスの崩れなどで、
大きなニキビが鼻やおでこやあご周りにできるようになりました。

塗り薬で患部に直接塗ります。
中に入っている過酸化ベイゾイルという薬剤の強さによって、
2%、5%、10%と別れています。
2%と5%を使用してみましたが、わたしの場合はすぐにニキビが消えず、
かえって長引いてしまいました。
10%はまだ試したことがありません。
ビタミン剤をのんだり、洗顔と保湿をしっかりすると徐々に消えていきました。


○頭痛、生理痛
tylenol

f:id:kokeshiwabuki:20161209210036j:plain


日本ではバファリンを使うか、カイロをお腹周りに貼って
乗り切るかしていたのですが、
どちらも持ってきたものがなくなったので、こちらの薬を購入しました。

効き目が早く、眠気なども感じませんでした。
しかし、見た目がどぎつくて使うのに抵抗がありました。


○おわりに

特に海外で住んでいると、知らず知らずのうちにストレスを受けています。
語学や文化ギャップ、仕事や勉強のプレッシャーといったわかりやすいこと以外にも、
これまでの環境から切り離されたことで感じる孤独とか、
現地で所属がなくて身の置き所がないといった、言葉にしにくいものもあります。
ワーホリだとか学生だとか駐在とか家族についてきた人とか、
立場によって多少差はあるでしょうが、
比較してどちらが大変と言うものではないと思います。

わたしは日本にいた頃は比較的健康で、
自分が不健康だと思ったことはあまりありませんでした。
しかし、海外に住ひんぱんに体調不良を起こすようになりました。
そういったストレスも原因のひとつだったと思います
また、体調不良を起こしたことで、
これまでの生活スタイルを見直すきっかけになりました。
これまでは、徹夜とか睡眠時間を削って仕事をするとかがしょっちゅうあり、
食事を抜いたり会合やイベントで食べ過ぎるとか、飲酒しすぎることもありました。
それでも、自分は健康だから大丈夫だと思っていました。
でも、それは慣れた環境だから無茶できていただけだろうと思います。
カナダでもそんな生活を続けるのはよくないと考えを改め、
よく寝る、食事の量に気を遣う、
飲酒量を減らす、適度な運動といった当たり前のことを心がけるようになりました。

日本にいたときより生活は単調になったかもしれないけど、
外国では健康にいることがいちばん大事

そんなふうに思って毎日生活しています



全体的に見て、わたしはカナダの薬で副作用やアレルギーが出たり、
症状が悪化することはありませんでしたが、
薬はアレルギーや効果が人によって違いますので、
購入はご自分の判断でお願いします。