太田明日香の仕事記録2015〜2019

フリーランス編集、ライター、太田明日香の編集・執筆活動とカナダ滞在の記録

企画・編集した本 『よい移民』ニケシュ・シュクラ編・栢木清吾訳(創元社)

7月末に創元社から『よい移民』という本が出ました。

    


イギリスの移民の子どもたちである、黒人やアジア系、東アジア系のクリエイター21人による、自分たちの体験を綴ったエッセイ集です。
翻訳者は神戸大の栢木清吾さん。装丁は加藤賢一さんです。

2016年にイギリスでベストセラーになって8万部も売れた本。
どうして話題になったかというと、クラウドファンディング
出版のための資金集めがされたのですが、あの『ハリーポッター』シリーズの
J・K・ローリングが、支援を表明したからなんです。

この本を作ったのは、南アジアにルーツを持つ作家のニケシュ・シュクラ。
日本で翻訳は出ていませんが、小説や、ヤングアダルト小説、映画の脚本、ラッパーと多彩な才能を持ち、『Time』の「次世代のアーティティストをつくる12人のリーダー」にも選ばれた一人で、期待の星です。
イギリスで、黒人やアジア系の人たちによる本が少ないと思っていたシュクラが、
「自分たちの物語を語る場がほしい」と思い立って作ったそうです。

日本でも4月に入管法が改正されたことをきっかけに、
「移民」と名のつく本がたくさん作られています。
「是非」を論じる前に、もうすでにこの日本で人生を過ごしている人たちがいます。
これからもその流れをとどめることは難しいと思います。
そして、一旦来て、この地で生活を作った人たちや、作り始めている人たちを、
簡単に「国へ帰れ」ということは難しいと思います。


家族を伴って来た人、日本で家族を作った人たちの子どもたちにとっては
すでに日本は故国です。
でも今の日本は十分に彼らに自分たちが、受け入れられている、
と思える場所でしょうか。

わたしは2015年から2年間カナダに住みました。
そのときに初めて自分が外国人という立場になって、
外国で生活することの大変さを感じました。
永住したり、そこで家族を作るなら、もっと大変なことがあると思います。
そして日本に帰ってきたら逆に、「外国人を受け入れる」とか、
「共生する」ことがどういうことかを考えるようになりました。
人の立場になるということは難しいですが、『よい移民』に描かれた体験が、
それらのことを考える手がかりになればうれしいです。

 

今まで開催した出版イベント

・2019年08月12日(月) 16:00~17:30 @ジュンク堂難波店
『よい移民ー現代イギリスを生きる21人の物語』(創元社)刊行記念トーク

トークイベントレポをライターのヒトミ・クバーナさんが書いてくださいました。
レポートはこちら

www.hitomicubana.com


・2019年8月17日(土) 18:00〜 @本屋プラグ(和歌山)
「届けられるべき声のはなし 『よい移民』刊行記念トークショー 栢木清吾×ケイン樹里安」

ケインさんはハーフの当事者メデイア「HAFU TALK」を運営し、ハーフ研究やよさこいの研究で頭角を表している若手社会学者です。
またまたトークイベントレポをライターのヒトミ・クバーナさんが書いてくださいました

note.com


・2019年8月31日(土) 19:00〜 @Readin'Writin’(東京)
「いつまで「移民」なのか?」
栢木清吾さん(『よい移民』(創元社)訳者)×小笠原博毅さん(『真実を語れ、そのまったき複雑性において』(新泉社)の著者)
 
・2019年9月21日(土)19:00~(開場18:30)@古本屋ワールドエンズ・ガーデン(神戸)
「『よい移民』刊行記念トークイベント「移民」についてわたしたちが語るときに語るべきこと」

note.com

イベントまとめ記事はこちら

kokeshiwabuki.hatenablog.com


・2019年9月28日(土)15時〜 @本のあるところajiro(福岡)

本書訳者で、「人種」と移民をめぐる社会的・文化的問題がご専門の栢木さんをお招きして、英国および日本における移民を取り巻く社会問題についてお話いただきます。
イベントまとめ記事はこちら

kokeshiwabuki.hatenablog.com

・2019年10月18日(金)19:00〜21:00(開場18:45)@CAVABooks(出町座フリースペース)
「『よい移民:現代イギリスを生きる21人の物語』(創元社)刊行記念イベント ~移民社会イギリスの経験から何を学ぶべきか?~」

・2019年12月14日(金)@汽水空港(鳥取
「差別のカジュアルさにふれる」
ケイン樹里安さん、上原健太郎さん編『ふれる社会学』とのコラボ企画。
ケインさんがnoteにイベントの様子を書いてあります。

note.com


(今後の予定)
・2020年1月26日(日)@石引パブリック(金沢)
「移民社会と向き合うために ーイギリス文化研究者2人の対話ー」
訳者の栢木清吾さんと金沢美術工芸大学の稲垣健志さんがお話しされます。

www.ishipub.com


(メディア掲載情報)
・2019年9月14日『日経新聞』掲載
・2019年9月22日『信濃毎日新聞』掲載
評者はノンフィクションライターの川内有緒さん
  ※こちらは共同通信配信の記事で29日までに、『沖縄タイムズ』『福井新聞』『中国新聞』『京都新聞』『神戸新聞』等でも掲載されました。今後も地方紙で掲載される予定です。
・『pen』11/15号で紹介
・『文藝』冬季号に『よい移民』の書評掲載
 評者は綿野恵太さん
・『週刊エコノミスト』10月11日号でブレイディみかこさんによる読書日記に『よい移民』が登場しました。

weekly-economist.mainichi.jp


・『週刊ポスト』12月27日号で与那原恵さんの書評掲載

www.news-postseven.com