こけし日記

あまり更新しないブログ

やる気を出す方法 その2 場所を変える

いかにもブログっぽいライフハックみたいな記事も書いてみたくなったので、
試しに書いてみる。

前回はスケジュールを作ろうという話を書いた。

 

kokeshiwabuki.hatenablog.com

 
やる気を出す方法 その2 場所を変える

今回は締め切りとスケジュールができたけど、
作業が進まなくなったときにどうするかの話だ。


◎気が散るものから逃げる

まずうちでしているといろいろ気が散るものがある。
例えば家事、うちにはないけどテレビ、それから、読みかけの漫画や雑誌。
仕事するときはなるべくそういうものが目に入らないようにする。
仕事に専念できる仕事部屋を持つのがいちばんいいだろう。
それが難しい人は、折りたたみ式の机にして、仕事するときは
机の位置を変えたりして、気が散るものから目をそらするのがいいだろう。


◎家から逃げる


しかし、家にいるとどうしてもくつろいでしまう。
おそらく、難易度の高い仕事、好きではない仕事、気が進まない仕事ほど、
後回しにしてしまいがちで、どうでもいい掃除を始めたり、料理を作り始めたりする。
ほどほどの家事は息抜きに良いが、これでは作業が進まない。
そういうときは、もう家から出てしまおう。
わたしは逃げ場を3パターンくらい用意して、使い分けている。

1.喫茶店
どうしてもやる気が出ないときに有効である。
わざわざ喫茶店にいくために交通費やドリンク代を払って出かけているから、
元を取ろうという気になる。
払った分のお金に見合うくらい作業を進ませようと、
自分にプレッシャーをかけることができる。
行く喫茶店の候補は3つくらいあると、便利だ。
作業ややる気度合いによって使い分けできる。
自分の使う範囲にある喫茶店の客層、値段、混む時間などを
なんとなく把握しておこう。

例えば、マクドナルドは安くて店員さんの目があまり厳しくないけど、
夕方は学生が来てうるさいとか、
スターバックスはそんなにうるさい人がいないけど、ちょっと高めとか、
日曜は長居しにくいとか。
モスバーガーは遠いけど、長居できるとか。

とにかくうちから出たいときはマックでやる気を出して短期集中。
スタバは頭を使う作業とか考え事をしたいときとか。
モスは難易度が高くて、長居しそうとか。
そうやってなんとなく使い分ける。

デメリットは、時間帯や客層で長居できなかったり、集中できなかったりすること。
それに、喫茶店で長居できる限度は、せいぜい2時間といったところだろう。
わたしは、2時間内でできる作業とか、
とにかく手をつけたいというときに行くようにしている。

2.図書館
ネットを使わず、調べものが必要なときは図書館にいくのがいい。
最近の図書館は、自習させてくれなかったり、
自習は席を予約したり、時間制だったり、なかなか面倒な部分もある。
しかし、調べものをするという図書館の目的にあった作業の場合は、
注意されることは少ない。
図書館はタダなのと、うるさくないので集中できるのがいい。
デメリットは、おもしろい本が多いので、雑誌を読んでしまったり、
漫画を読んでしまったり気が散りやすいというリスクはある。
なので、やることをリストアップして1つづつ片付けるという感じで、
やることに集中するのがいいだろう。
なるべく気が散る本が置いてあるコーナーに行かないのがコツだ。

3.シェアオフィス、コワーキングスペース
長時間同じ作業をするとか、集中してやりたい場合
一番コスパがいいのがシェアオフィスやコワーキングスペースだと思う。
ドロップインといって、会員にならなくても1回だけ利用出来る場所も多い。
喫茶店に行って作業する場合と、1日の利用料と比べて、
1日利用でも元が取れそうなら、こういう場所にいって作業するとかなりはかどる。
このような施設では、ネット、コピー機、ドリンクなどがついている場合もあるので、
行く前に設備を調べておく。

デメリットは、初めて行く場所だと雰囲気がわからないことだろう。
いろんな業態の人が交流して、新しいビジネスをみたいな感じで始まったところだと、
おしゃべりな人や交流したい人がいて作業が進まない場合がある。
また、友達がいるような場所も同様だ。
あまり人との距離が近すぎるようなところは、かえって作業の妨げになる。


まとめ

お金を払ってまでやるなんてもったいないという意見もあると思う。
でも、場所を変えるだけで頭がすっきりする。
無理にうちでやろうとして、結局インターネットや家事で
1日をつぶしてしまうなら、思い切って外出した方がいいと割り切ろう
お金を使いたくないなら、図書館でも、なんなら、晴れて暖かい日なら
公園でもいいのだ。
あるいは、家の中でも、立ってやるとか、台所でやるとか、
集中できる区画を作るとかでもいいのだ。

やる気は気持ちの問題ではない。
できないなら、無理にでも体を、仕事する環境に移動することが大事なのだ。