こけし日記

元バンクーバーのパート主婦。

バンクーバーで物をなくしたら(Vancouver A to Z [L: Lost and found])

財布、鍵、クレジットカード、大切なものほどなくしがち。
もし海外で大事なものをなくしたら、パニックになっちゃいますよね。
そこで、今回はバンクーバーで物をなくしたときの対処法について書きます。

f:id:kokeshiwabuki:20161217114549j:plain

冬にはよくある手袋の落とし物

○貴重品以外
物をなくしたと気づいたら、すぐさまその日立ち寄ったルートを
もう一度たどってみましょう。
道ばたやお店などに忘れている可能性があります。
このとき覚えておきたいのが、Lost and foundという言葉。
駅や公共施設、お店などで忘れ物を置いている場所のことです。
お店などで訪ねるときは、Lost and foundはどこかまず訪ねましょう。

そのとき

・なくした物とその特徴
・立ち寄った日時
・名前と連絡先

を書いた紙を一緒にわたしておくと便利です。
もし見つかったら、連絡をくれるかもしれません。

○コンパスカード

バンクーバーでバスやスカイトレインに乗る時、
便利なのがコンパスカードという、ICカード
日本でいうsuicaのように事前にお金をチャージしておくと、
タップするだけで簡単に電車やバスに乗れます。

コンパスカードを作るのは簡単。
デポジットとして6ドルが必要で、駅にある券売機で簡単に購入できます。
デポジットウォーターフロント駅で返してもらえます。
旅行者でも一日券が買えるので、数日の滞在なら作っておいて損はないでしょう。

コンパスカードのカードの裏にはカードごとにコンパスナンバーと
CVNナンバーがついており、
オンラインで登録すると乗車/降車記録が見られたり、
クレジットカードと連携させて、オンラインで追加で料金をチャージできます。

www.compasscard.ca


このコンパスナンバーとCVNナンバー、
オンライン登録時のセキュリティクエスチョンは重要なので、
必ず控えておきましょう。

もしなくしたら、まず、駅の券売機で新しいカードを作ります。
次にcompass customer serviceに電話します。

www.compasscard.ca


なくしたカードのナンバー、CVNナンバー、セキュリティクエスチョン、
新しいカードのナンバーを聞かれますので、それを答えると、
新しいナンバーのカードに、古いカードに入っていた残りのチャージ料金を移してくれます。

カードはなくしやすいので、専用パスケースや財布の所定に位置に入れて出し入れを減らすといいでしょう。

○貴重品

わたしは幸いなことにまだ貴重品をなくしたことがありません。
パスポート、デビットカード、クレジットカードについては、
現地の警察に紛失届けを出すとともに、
カード会社や銀行へ連絡が必要です。
パスポートの場合はダウンタウンにある日本の領事館へ行きましょう。

地球の歩き方等のガイドブックや、こういったサイトには、
紛失・盗難時の対処法が載っていますので、
渡航前にチェックしておきましょう。

バンクーバー - カナダ留学情報サイトStudy in Canada!

○まとめ

バンクーバーは比較的安全な都市だと言われています。
しかし、なくし物に関していうと疑問です。
わたしは上着とコンパスカードをなくしましたが出てきませんでした。
特にダウンタウンでは貧富の差が激しいので、
なくした物をそのまま誰かが拾って持っていく可能性が高いです。
また、職場や学校でも貴重品は自分で責任を持つようにと言われました。
基本的に親切で優しい人が多いと思う町ですが、
人の出入りが激しく、貧富の差も大きいので、
なくし物は戻ってこないと思った方がいいでしょう。
楽しい旅行/生活を送るためにも、みなさん、落とし物には気をつけて!