こけし日記

元バンクーバーのパート主婦。

レインクーバー(バンクーバーA to Z [R:Raincouver])

バンクーバーの冬というとこういう感じ

 

f:id:kokeshiwabuki:20160131144028j:plain


をイメージする方も多いと思いますが、


残念!

 

実際はこういう感じ

f:id:kokeshiwabuki:20141210124941j:plain

じめじめした雨の日や、

f:id:kokeshiwabuki:20160125122533j:plain

どよーんとした曇りの日が続きます。

そう、バンクーバーは別名レインクーバー(Raincouver)
11月は気持ちのいい秋空が続くけど、
12月の2週目に入ると、太陽を見る機会はめっきり減って、
降水確率は70%、つまり、一週間のうち5日は雨が降っている。
しかも日没は16時半頃。
朝から雨とか、一日太陽を見ない日はザラ。

最初はこの気候に慣れず、室内で引きこもりがちになってしまいました。
料理をしたり、素人手芸をしてみたりするものの、
うちにいると鬱鬱とした気分が続くので、
重い腰を上げて外に出てみます。
すると、
バンクーバーの人たちのがとてもアクティブなことに気づきます。

日本のように傘を持っている人は少なく、
強い雨の日でない限りは
アウトドア用のレインパーカーと
防水のスニーカーやブーツで町中を闊歩しています。
中には自転車に乗ったり、
ジョギングをしている強者も。

何かとアウトドア派の多いバンクーバーの人たち。
もちろん天気のいい日は言うまでもありません。

f:id:kokeshiwabuki:20160110150555j:plain

晴れた日には短い冬の太陽を精一杯味わおうとする人たちが、
海岸や町に繰り出します。
冬の晴れた日は視界がクリアで気持ちがいいです。
晴れの日は心なしかまちの人たちも
にこやかで機嫌がいいように感じます。

冬至を過ぎてからは、日が少しずつ長くなり、
木々が新芽をつけ始めました。
レインクーバーの季節が過ぎれば、もうすぐ春です。

f:id:kokeshiwabuki:20160120143923j:plain