こけし日記

あまり更新しないブログ

『愛と家事』のトークイベントについて

先日の汽水空港のトークイベントに来てくださったみなさん、ありがとうございました。 昨日の「うちへそとへ」の汽水空港でのトークイベント、すごくよかったな〜。最後にモリくんが「表現はDIYよりもちょっと高尚なものってイメージを持ってたけど、そうじ…

2019年のイベント予定

明けましておめでとうございます。今のところ決まっている2019年の予定です。 終了しました ・1/20 文学フリマ京都「かぞくって、なんだろう展?」【か-4】で出店 @京都 みやこめっせ公式パンフレットを売ります。作家の佐々木ののかさん、研究者の蔦屋匠さ…

2018年の5冊

2018年もいろいろ読んだ。2018年の新刊中心、Twitter等に感想書いたものをまとめてみました。順不同、敬称略でお届けします。・八九六四/安田峰俊ダントツで面白かった。天安門事件の関係者60人以上に10年以上かけて聞き取りしたルポ。カナダにいた時、天安…

わたしはこのメディアに載った! 2018年

忘れる前に、今年載ったメディアもまとめておきます。ちなみにこのパフェは三輪舎の中岡さんにごちそうしてもらいました。中岡さんありがとう。・『読売新聞』2月7日 サンヤツ広告に掲載されました。 ・『山口新聞』3月7日 暮らしの広場で、「家族の形に正解…

わたしはこのイベントに出た! 2018年

2018年は『愛と家事』という本が出ていろんなトークイベントに呼んでもらった『愛と家事』関連 ・1/30@東京(荻窪)「ガレット&ソックス aruiteru あるいてる」日々を書き連ねること、そしてそれらを形にして残すこと出演:佐々木ののか×太田 明日香×櫨畑(…

わたしはこの仕事をした! 2018年

今年も終わっちゃうな〜。やった仕事は1、本が2冊出た初めて一冊まるまる書いた。帯は敬愛する植本一子さん。 www.sogensha.co.jp先日韓国の出版社Innodigm Booksさんから韓国版が出ました。タイトルは『愛という名前のあらゆる関係にくたびれたあなたに』…

【告知】「りっすん」に記事を書きました

はたらく女性の深呼吸マガジン「りっすん」に 遅れて来た反抗期を終えて感じた「ほんとうの自立」という記事を書きました。 愛と家事の「遅れて来た反抗期」の後日談です。 www.e-aidem.com よかったら読んでくださいね〜。

無頼の気持ちでやっていく

kokeshiwabuki.hatenablog.com 前にこの記事を書いたさい名指しした北條さんから『愛と家事』の感想をもらった。 太田明日香さんの『愛と家事』。この、剥き出しのようでよくよく練られた、しっかり練られたうえでなお露出してやまない生々しさが迫ってくる…

えいごの勉強

言いたいことはたくさんあるけれど グッドオッケーサンキューソーリー そんなふうにしか言えない 聞きたいことはたくさんあるけれど ワットワイハウウェン そんなふうにしか聞けない 答えを聞いてもパードンの繰り返し何を言ってもパードンの繰り返し イエス…

ポエムのコーナーを作った理由

最近ブログに詩をアップしているように、わたしはこれから詩をやりたいと思っている。 カナダにいたときブログで日記を書けなかった。『ウィスコンシン渾身日記』という本がある。 www.gentosha.co.jp 2015年から17年まで結婚相手の都合でアメリカについてい…

ほんとうの夜

ほんとうの夜を知っているかほんとうの夜の暗さを月の光が目に痛いほどの ほんとうの夜を知っているかほんとうの夜の静けさを川の音さえ耳に響くほどの ほんとうの夜に鳴く鹿の声を聞いたことがあるか夜を引き裂く誰かを乞うるような たよりなく慰めもなくそ…

よい魔法

おまえ、その手に持っているものはなんだよく見ろ、お前のその手にある紙とペン それは、なんなんだなんのためにあるのだ言ってみろ おい、お前、聞いているのかおい、どっちを向いているんだわかっているのか お前の、その手にある紙とペンで書いてきたこと…

オリンピックに万歳しながら、テレビを消そう

わたしが生まれたときはまだ昭和で、戦争が終わって50年経ってなかった。親戚の誰かは戦争体験者で、夏休みには戦争物の特集。国語や道徳の時間で、ときどきおじいさんやおばあさんに戦争の話を聞いてこいという宿題が出た。軍国主義的なものは大いに批判さ…

フェミニストマガジンのある国・ない国(Vancouver A to Z[F:Feminist magazine])

Twitterでこんな話題を見た。ある経済誌で、編集者が勧めるオススメ本という特集で、編集者の男女比が6:1であるということを批判的に書いたツイートがあって、 https://twitter.com/akaifusen/status/1026424580011745283 リプライでないものを拾っていい…

カナダで大麻合法化(Vancouver A to Z [L:Legalize marijuana])

あんまりこのブログでは触れなかったけど、カナダで一番カルチャーショックだったのは、大麻に対しての価値観。先日もカナダで嗜好用の大麻を合法化する法案が通り、9月から施行されるそうだ。 www.bbc.com わたしがいた2015年から17年はまだ合法化されてな…

カナダで見たいろんなデモ(Vancouver A to Z [M:March])

5月1日はメーデーだった。日本じゃメーデーって平日だし、今は労働組合ある会社なんて少ないから、デモする機会もデモを見る機会も少なくてどこの国の行事って感じがする。 カナダにいたとき、いろんなデモを見た。 メーデー 障がい者の人もいて、鳴りものが…

バンクーバーと冬期うつ(Vancouver A to Z [W:Winter Depression]))

やっと終った今年の冬。寒かったけど、気持ち的には辛くならなかった。 去年の12月のある1週のグラフ。 なぜか?晴れだったからだ。わたしは日本の太平洋側に住んでいる。それまで当たり前だと思っていた冬の晴れ、それはバンクーバーではかなり貴重なものだ…

やる気を出す方法 最終回 休む

やる気を出す方法最終回。 1回目はスケジュールを作ろうという話を書いた。 kokeshiwabuki.hatenablog.com 2回目は場所を変えようという話を書いた。 kokeshiwabuki.hatenablog.com 最終回は休もうだ。やる気がでないときに、無理にやってもできるものではな…

やる気を出す方法 その2 場所を変える

いかにもブログっぽいライフハックみたいな記事も書いてみたくなったので、試しに書いてみる。 前回はスケジュールを作ろうという話を書いた。 kokeshiwabuki.hatenablog.com やる気を出す方法 その2 場所を変える今回は締め切りとスケジュールができたけど…

やる気を出す方法 その1 スケジュールを作る

いかにもブログっぽいライフハックみたいな記事も書いてみたくなったので、試しに書いてみる。わたしはうちで仕事している。うちで仕事しているとやる気が出ないときがある。そんなときのためにいくつか方法がある。1、やる気を出すための方法 スケジュール…

日本帰国当日の日記を読んでみる

もうすぐ帰国して一年になる。 バンクーバーを2017年2月28日に出国し、同日成田に着いた。バンクーバーにいたときはとびとびで日記を書いていた。帰国当日の日記が残っている。浦島太郎感を味わいたいとかなんとか言って、バンクーバーに行ってから丸2年全く…

アルバータ州とオンタリオで最低賃金が上がるらしい

あまり更新しない日記はカナダのこととか、日本語教師をやって思ったこととか書くつもり。 www.nationalobserver.com カナダのニュースをときどきチェックしてるけど、ときどきおもしろい記事があるので紹介する。 On October 1, 2018, Alberta will become …

著書が出ます(『愛と家事』創元社)

2/3追記本が出ました。第一弾イベントレポートはこちらです。 yagakusha.hatenablog.com 以前、夜学舎名義で作った『愛と家事』が創元社から書籍として出版されることになりました。yagakusha.thebase.in オリジナル版に加えて「わたしの故郷」、「遅れて来…

カズオ・イシグロさんのノーベル賞受賞について思うこと

カズオイシグロさんのノーベル賞受賞が話題になっている。 そんな中で、彼を何人作家ととらえるか、とか、彼の文学を何文学としてとらえるか、という話題をちらほら見かける。イシグロさんは5歳の時にイギリスに移住して、英語で文学を書いている移民の作家…

日本語教師の勉強をしてよかったこと

この間日本語教師養成講座の全課程が終わって修了した。これで晴れて日本語教師として活動できるお墨付きをもらえたことになる。この講座を受けてよかったのは、自分の日本語観が変わったことだと思う。 言葉は進化する出版の仕事をしていると「正しい日本語…

在外投票する人へ

2017年10月22日に衆院選が行われることになりました。海外在住者でも在外投票という制度で海外から投票できます。そこで今回は在外投票の仕方について紹介します。在外選挙人証をもらうまで投票するには在外選挙人名簿に登録が必要です。登録の条件は、海外…

日本のフロンティアはどこだ

この間『縮小ニッポンの衝撃』という本を読んで気分が暗くなってしまった。人は減るし金はないし、あんまり未来に希望が持てない。90年代はまだイケイケな雰囲気があったけど、2000年に入ってから社会にどんどんそういう雰囲気がなくなってきている感じがす…

独自の進化をとげる移民料理の町バンクーバーで、世界の味めぐり

バンクーバーで行ったお店情報を「みんなでつくる旅行マガジン&ガイドブック」がコンセプトのトリップノートのサイトで紹介させてもらうことにしました。第2回目はバンクーバーの移民料理です。いろんな国の移民達が持ち込んだ食文化が現地の人の舌に合うよ…

バンクーバーのサードウェーブコーヒーカフェ5選

バンクーバーで行ったお店情報を「みんなでつくる旅行マガジン&ガイドブック」がコンセプトのトリップノートのサイトで紹介させてもらうことにしました。第一回目はバンクーバーのサードウェーブコーヒーカフェです。実はバンクーバーってコーヒーの聖地なん…

引っ越しで大変だったこと(日本居住編)

バンクーバーから戻って来て早2か月。毎日いつ終わるんだろうという感じで、部活の合宿最終日が延々続いてる気分だった。あんなに引っ越しが大変だったはずなのに、ちょっと経つともう記憶が薄れかけている。バンクーバーから戻ってきて日本の引っ越しで大変…